東進ハイスクールの料金を学年別に徹底解説!具体的な費用を料金表でご紹介

東進ハイスクールの料金を学年別に徹底解説!具体的な費用を料金表でご紹介

東進ハイスクールは、東京大学や京都大学などをはじめとする難関校の合格者を多く輩出する学習塾で、有名講師が多数在籍しています。東進ハイスクールを検討している方で、料金体系や仕組みが気になっている方も多いのではないでしょうか。ここでは、東進ハイスクールの料金の仕組みと学年別の費用、さらに合格実績や評判を解説します。


東進ハイスクールと東進衛星予備校の違い

東進ハイスクールと東進衛星予備校の違いは、経営している企業が異なることです。東進ハイスクールは、株式会社ナガセの直営の塾です。一方、東進衛星予備校はフランチャイズであり、株式会社ナガセから授業ビデオを購入しています。

東進ハイスクールは株式会社ナガセが統括しているため、全国の指導方針や講座内容が統一されています。一方、東進衛星予備校はフランチャイズであるため、教室ごとに指導方針が異なります。なお、フランチャイズである東進衛星予備校でも、映像授業によって、東進ハイスクールと同じ講師から同じ授業を受けられます。

東進ハイスクールの料金は?

ここからは、東進ハイスクールの具体的な料金をご紹介します。東進ハイスクールは他の塾と異なる料金体系のため、きちんと費用の仕組みを理解しましょう。

料金の内訳は入学金・通期講座受講料など

東進ハイスクールの料金システムは、入学金+通期講座受講料+担任指導費+模試費です。

通期講座受講料とは、テキスト代を含む授業料のことをいいます。担任指導費とは、担任や担任助手による面談や報告会などの学習指導費です。模試費とは、東進模試の受験に必要な費用であり、入学時に必ず支払う必要があります。

理解しておくべきまとめ買いにお得なユニット

東進ハイスクールでは、ユニット料金が設定されています。ユニット料金とは、複数の講座に申し込むことで、通常料金よりも安くなるセット料金です。例えば、高校3年生が、単科を4講座受講すると約47万円ですが、ユニット料金で申し込むと約44万円になり、3万円ほどお得になります。

ユニット料金は、学年によって料金が異なります。詳しい料金は直接塾に問い合わせましょう。

大学受験に向けた東進ハイスクールの料金詳細は?

ここからは、東進ハイスクールの料金を学年ごとに紹介します。大学受験を控えている高校生は、こちらの料金を参考にしてください。

なお、東進ハイスクールでは在校生向けの夏期講習や冬期講習は行われていません。体験授業は行われていて、東進ハイスクール生でなく、東進ハイスクールを検討されている方向けに、無料の特別講習が開催されています。

高校1年生の場合

東進ハイスクールの料金は、毎月支払う月額料金ではなく、受講する講座数を購入し、授業を受ける形式です。以下は、高校1年生が3講座分を受講した場合の料金です。

入会金 担任指導費 授業料 模試費
約32,400円 約32,400円 1授業:約4,200円/60分(90分)
月額:約18,900円
年額:約226,800円
約10,800円

高校2年生の場合

以下は、高校2年生が4講座(90分×20コマ)受講した場合の料金です。

入会金 担任指導費 授業料 模試費
約32,400円 約32,400円 1授業:約4,200円/60分(90分)
月額:約25,200円
年額:約302,400円
約12,960円

模試費のみ高校1年生の料金と異なり、その他の料金は同じです。

高校3年生の場合

以下は、高校3年生が5講座(90分×20コマ)受講した場合の料金です。

入会金 担任指導費 授業料 模試費
約32,400円 約32,400円 1授業:約4,200円/60分(90分)
月額:約36,360円
年額:約378,000円
約25,920円

浪人生の場合

東進ハイスクールでは、浪人生のコースが設けられています。浪人生の料金は年度によって異なり、2019年の募集では以下の料金が設定されていました。

入学金 年間授業料
約100,000円 約669,000円/20講座

教材費は年間授業料に含まれています。なお、夏期講習や冬期講習を受講する場合は、別途料金が発生します。

中学生の場合

東進ハイスクールでは、中学1年生からも入学が可能です。料金は、中学1年生と2年生は同じ価格が設定されています。たとえば、中学1年生が3講座を受講した場合、以下の料金が設定されます。

入会金 担任指導費 授業料 模試費
約32,400円 約32,400円 1授業:約4,200円/60分(90分)
月額:約18,900円
年額:約226,800円
約10,800円

なお、中学1年生は高校1年生と同じ料金が設定されています。

より安く利用するための料金に関する知識

より安く利用するための料金や、注意すべき料金についてご紹介します。

学費ローン(分割払い)

学費ローンを使って、学費を分割払いできます。分割回数は、3・6・10・12回から選べますが、ローンを利用するには審査が必要です。詳細については、各教室に問い合わせる必要があります。

入学金割引

東進ハイスクールでは、入学金割引が実施されています。過去には、招待講習を受講した方限定で入学金が半額、担任指導費や模試費も割引になるキャンペーンが開催されていました。なお、キャンペーン内容や期間は教室ごとに異なるので注意が必要です。

学費返還制度

浪人生として入学金や学費を納付したものの、補欠合格などで後から合格した生徒に対し、納付した学費が返還される制度です。ただし、学費返還制度は大学受験本科のある教室のみ対象です。

事務手続き費用

一度申し込んだ講座をキャンセルする場合は、1講座あたり2,160円の事務手続き費用が発生します。

料金の支払い方法

東進ハイスクールには、料金の支払い方法が3種類あります。

銀行振込

銀行振込の場合、振込の手数料は自己負担です。支払い期限は受付から7日以内です。

コンビニ納入

コンビニは、セブンイレブン、Famiポートのある店舗のファミリーマートで利用できます。支払い期限は受付から7日以内です。

クレジットカード

支払い方法は、一括払い、もしくはボーナス一括での支払いとなっています。利用可能のカードは、UC・VISA・MASTER・JCB・ダイナース・AMEXです。

料金以外の特徴も確認

ここからは、東進ハイスクールの合格実績と評判、口コミをご紹介します。料金だけでなく、合格実績や評判を考慮して、総合的に判断しましょう。

合格実績

東進ハイスクールの合格実績は、東進ハイスクール、東進衛星予備校、早稲田塾を総合した数値を公開しています。以下は、旧帝大、早慶、MARCH、関関同立の2019年の合格実績です。

旧帝大 早慶 MARCH 関関同立
2,998人 4,531人 11,982人 9,969人

東進ハイスクールは現役合格にこだわっていて、合格実績も現役生のみの数値となっています。公開している合格実績は、通常授業を受講している生徒に限定した(講習生を含まない)数値であり、多くの東大生・京大生を輩出していることがわかります。

気になる評判と口コミ

東進ハイスクールでは、映像授業によって自分のペースで学べることから、高い評価を受けています。さらに、豊富なカリキュラムや映像授業の質の高さも、東進ハイスクールが選ばれている理由に挙げられています。

一方で、料金が高いという意見も見られます。常住するスタッフの質が教室によって異なるため、もっと環境に力を入れて欲しいという意見もありました。

以下は、東進ハイスクールの口コミを一部抜粋したものです。

カリキュラムは少し進度は早いと思うが、自分のペースで基本的にできるのでいい。

入会した後も、都度都度講習の追加があり、費用の負担は大きかったので、もう少し安ければ良かったと思います

立地、環境は整っていてとてもいいと思います。先生の指導面にも力を入れ、生徒が質問しやすい環境だったらいいと思います。

超人気講師ばかりのビデオ授業ですが、それを管理運営する側にはあまり教育が行き届いていないように私は感じました。

ただ難点は、初めに講座を決めて始めるのですが、その講座の中では自由に先送り後回しと自分でできますが、その講座以上をしたい場合には新しく取り直さないといけなくなり、単品で取ると高い値段になるので、そこらへんは入学時によく考えた方がよいです。

自分で勉強を進めることができるシステムだから、自分でどんどん勉強を進めるぞ!という意思をある程度持っていないと成果が上がらない。
その代わり自分のペースで進められる人には、確認テストや判定テストでこまめに成果を確認できるのでモチベーションの維持もしやすいので続けやすいと思う。

私が通っている東進の校舎は
細かく丁寧に大学のことや
受験に関する情報を教えてくれますし、
とても親身になって対応してくれます。

東進ハイスクールの料金体系を理解して入塾を判断しましょう

東進ハイスクールの学年別の料金、支払い方法、合格実績、評判について解説しました。東進ハイスクールの料金体系は、月額の料金ではなく、事前に講座を購入し学習するというスタイルです。受講する講座数やユニットによって、料金が変動するため、きちんと料金体系を把握しましょう。

東進ハイスクールの特徴は、豊富な講座数があり、難関校の合格者を多く輩出している点です。一方で、他と比べて料金が高い、教室によってスタッフの質が異なるなどの意見もあります。東進ハイスクールを検討されている方は、料金、実績、そして評判など総合的に考慮し、入塾を判断しましょう。

その他の塾・予備校の料金はこちら

じゅくみ〜るについて

じゅくみ〜るはあなたの塾・予備校選びをサポートします。編集部独自の視点や塾・予備校に詳しい専門家と一緒に記事の作成をしています。

※記事で使用している一部の画像は、各塾・予備校の公式サイトより引用しています。

この記事のライター

じゅくみ〜る編集部の塾・予備校紹介課です。塾選びに悩む受験生や保護者の方におすすめの塾や予備校をご紹介します。

関連するキーワード


東進ハイスクール

関連する投稿


【大学受験】東進ハイスクール 浦和校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

【大学受験】東進ハイスクール 浦和校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

東進ハイスクール 浦和校は、浦和駅から徒歩2分のアクセスにある大学受験予備校です。ここでは東進ハイスクール 浦和校ならではの校舎の特徴をご紹介します。料金やアクセス、開館時間などの基本情報に加えて、コースや合格実績、説明会など、塾・予備校選びに必要な情報もご紹介するので、大学受験向けの予備校選びの参考にしてみてくださいね。


東進ハイスクール 与野校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 与野校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 与野校は、与野駅から徒歩2分のアクセスにある校舎です。ここでは、東進ハイスクール 与野校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、東進ハイスクールの合格実績や料金、コースなどもご紹介します。東進ハイスクールならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


東進ハイスクール 綾瀬校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 綾瀬校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 綾瀬校は、綾瀬駅から徒歩2分のアクセスにある校舎です。ここでは、東進ハイスクール 綾瀬校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、東進ハイスクールの合格実績や料金、コースなどもご紹介します。東進ハイスクールならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


東進ハイスクール 我孫子校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 我孫子校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 我孫子校は、我孫子駅から徒歩3分のアクセスにある校舎です。ここでは、東進ハイスクール 我孫子校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、東進ハイスクールの合格実績や料金、コースなどもご紹介します。東進ハイスクールならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


東進ハイスクール 亀戸校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 亀戸校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

東進ハイスクール 亀戸校は、亀戸駅から徒歩2分のアクセスにある校舎です。ここでは、東進ハイスクール 亀戸校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、東進ハイスクールの合格実績や料金、コースなどもご紹介します。東進ハイスクールならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


武田塾 今治校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

武田塾 今治校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

武田塾 今治校は、今治駅から徒歩7分のアクセスにある校舎です。ここでは、武田塾 今治校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、武田塾の合格実績や料金、コースなどもご紹介します。武田塾ならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


武田塾 ふじみ野校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

武田塾 ふじみ野校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

武田塾 ふじみ野校は、ふじみ野駅から徒歩3分のアクセスにある校舎です。ここでは、武田塾 ふじみ野校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、武田塾の合格実績や料金、コースなどもご紹介します。武田塾ならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


出口塾(亀岡市)の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

出口塾(亀岡市)の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

出口塾(亀岡市)は、馬堀駅から徒歩5分のアクセスにある校舎です。ここでは、出口塾(亀岡市)のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、出口塾(亀岡市)の合格実績や料金、コースなどもご紹介します。出口塾(亀岡市)ならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


トップ進学スクール 並河駅前校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

トップ進学スクール 並河駅前校の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

トップ進学スクール 並河駅前校は、並河駅から徒歩1分のアクセスにある校舎です。ここでは、トップ進学スクール 並河駅前校のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、トップ進学スクールの合格実績や料金、コースなどもご紹介します。トップ進学スクールならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。


山咲学園の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

山咲学園の特徴を紹介!アクセスや評判、電話番号は?

山咲学園は、亀岡駅から徒歩5分のアクセスにある校舎です。ここでは、山咲学園のアクセスや電話番号などの基本情報や、自習室の有無や開館時間などをご紹介します!さらに、山咲学園の合格実績や料金、コースなどもご紹介します。山咲学園ならではの特徴も説明するので、塾選びの参考にしてみてくださいね。