大学受験の塾・予備校の選び方は?押さえておきたい6つのポイントを解説

大学受験の塾・予備校の選び方は?押さえておきたい6つのポイントを解説

授業形式や校舎の特徴は塾・予備校によって大きく異なります。いざ予備校に通おうと思っても、どれが自分に合っているのか迷ってしまうかもしれません。ここでは、学習に直接関わるポイントから、校舎の環境など間接的なポイントまで、予備校を選ぶ際に押えておきたい6つの点をご紹介します。

じゅくみ〜るについて

じゅくみ〜るはあなたの塾・予備校選びをサポートします。編集部独自の視点や塾・予備校に詳しい専門家と一緒に記事の作成をしています。

※おすすめ順は、塾・予備校の優劣を意味するものではありません。

自宅からの距離

ストレスなく通える距離を

予備校はほぼ毎日通うことになるため、できるだけストレスなく通えるところを選べると良いでしょう。自宅からの距離が近いと、精神的・体力的に無理なく通うことができるのでおすすめです。電車で高校に通っている場合は、自宅から学校までのあいだにある予備校でも良いでしょう。

予備校の最寄り駅から徒歩何分か

予備校の最寄り駅から徒歩何分かかるかも見ておけると良いですね。なかには駅に直結している予備校もあり、天気に左右されずに通うことができます。

寮を提供している予備校も

また、予備校によっては寮を提供しているところもあります。希望する予備校が自宅から離れていて通うのが難しい場合は、入寮を検討してみても良いでしょう。

自分に合った授業形式

予備校の授業形式は、大きく分けて集団授業・個別指導・映像授業の3種類です。それぞれの授業形式にメリットがあるため、自分の性格や生活スタイルに合わせて検討するようにしましょう。

複数の生徒に対して授業を行うのが集団授業で、周りの受験生と切磋琢磨しながら授業に取り組むことができます。一方で、個別指導は生徒ひとりに対して先生ひとりが指導するマンツーマンの授業形式です。集団授業に比べて、生徒一人ひとりのペースに合わせて進めることができるため、苦手な科目でもきちんと理解を深めることができます。

映像授業は、名前の通りパソコンを使用して映像による授業を受ける形式です。レベルの高い講師の授業を各生徒のタイミングに合わせて受けることができます。部活で忙しい生徒におすすめです。

授業内容や対策コースは適切か

予備校がどのような内容の授業を行っているのかも確認するポイントです。予備校のコースには、基礎コースや難関大対策コースなどさまざまなものがあります。

文系を志望しているにも関わらず数学に強い予備校を選んでしまった場合、きちんとした対策ができないかもしれません。自分のレベルや志望校に合わせた授業内容の予備校を選ぶようにしましょう。予備校によっては、難関大志望専門の予備校や推薦入試の対策を行っているところもありますよ。

授業以外のフォローやサービスは充実しているか

予備校では、授業以外にもさまざまなフォローやサービスを行っているところがあります。ここではおもな2つをご紹介します。

担任による学習計画や進路相談

生徒一人ひとりに担任が付き、生徒と一緒に志望校へ向けた学習計画を立てたり進路相談を行ったりします。厳しい予備校では、生徒の学習状況を細かく管理するところもあるでしょう。最近では、ネットで学習の進捗や出席状況を確認することができる予備校も増えています。

チューターに質問できる

授業中や自習中の疑問をチューターに質問できる予備校も多くあります。大学生がチューターとして働いている予備校の中には、難関大学に通うチューターが多く在籍している予備校もありますよ。大学生チューターの魅力には、学習に関するフォローだけでなく身近な大学生として受験のアドバイスをしてもらえる点があるでしょう。

校舎の環境は整っているか

教室や自習室が学習しやすい環境になっているかどうかも予備校選びのポイントです。机が狭かったり席数が少なかったりすると、学習に集中できなくなってしまいます。

他にも、自由に使えるコピー機を設置している予備校や、カフェテリアスペースを用意しているところもあります。検討している予備校で校舎見学が可能な場合は、事前に校舎の様子を確認しておけると良いですね。

費用の比較は難しい

一般的に、予備校にかかる費用は1年間で100万円前後だといわれています。しかし、予備校そのものや生徒一人ひとりの受講するコースによって大きく異なるため、予備校同士の費用を比較するのは難しいでしょう。

予備校に通うための費用を十分に用意するのが難しい場合は、奨学金や特待生制度を取り入れている予備校を検討するようにしましょう。既卒生でも定期券を学割で購入することができたり、兄弟がいる場合は割引を受けられたりするケースもあります。できるだけ費用を抑えたい場合は、基本的な料金の他に予備校独自の割引サービスも確認しておけると良いですね。

※記事で使用している画像は、各塾・予備校の公式サイトより引用しています。

この記事のライター

じゅくみ〜る公式アカウントです。
塾・予備校の基本情報や特徴だけでなく、専門家のコメントや各校舎へのインタビューも発信します。

関連するキーワード


お役立ち

関連する投稿


予備校とは?塾との違いを解説!浪人生や高校生はどちらが良い?

予備校とは?塾との違いを解説!浪人生や高校生はどちらが良い?

大学受験に備える教室の中には、「予備校」と呼ばれているところもあれば「塾」と呼ばれているところもあります。自分はどちらの教室に通うべきか、迷ってしまう受験生もいるのではないでしょうか。ここでは、予備校の主な特徴や、一般的な塾と予備校の違いなどをご紹介します。


大学受験の塾・予備校はいつから通う?高校生の平均を学年別にご紹介

大学受験の塾・予備校はいつから通う?高校生の平均を学年別にご紹介

学校内で塾や予備校に通い出す人が増えると、自分も通ったほうが良いのではないかと焦ってしまいますよね。一般的に、大学受験の塾や予備校にはいつ頃から通うと良いのでしょうか。ここでは、公立・私立高校別の各学年の平均をもとに、塾や予備校に通うタイミングの目安を解説します。


塾・予備校の講師とは?チューターや担任との違いも解説

塾・予備校の講師とは?チューターや担任との違いも解説

塾・予備校には「講師」「チューター」「担任」と呼ばれる人がいます。予備校によって差はありますが、それぞれに役割があります。講師の主な役割は授業、チューターの役割は分からない箇所のフォロー、担任は学習管理のサポートです。ここでは、それぞれの役割と違いについて詳しくご紹介します。


大学受験の塾・予備校の授業は?個別・集団・映像の違いを解説

大学受験の塾・予備校の授業は?個別・集団・映像の違いを解説

予備校の授業形式には、大きく分けて「集団授業」「個別指導」「映像授業」の3種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、生徒の性格や生活スタイルによって向き不向きがあるでしょう。授業は予備校で過ごす時間の多くを占めるため、しっかりと確認しておきたいですね。ここでは予備校の授業形式についてご紹介します。


最新の投稿


【2019年版】長久手市の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】長久手市の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

長久手市の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、長久手市の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】一宮駅の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】一宮駅の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

一宮駅の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、一宮駅の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】大津石山の塾おすすめ12選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】大津石山の塾おすすめ12選!小学生・中学生・高校生別に紹介

大津石山の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、大津石山の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】四日市駅の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】四日市駅の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

四日市駅の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、四日市駅の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】八尾市の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】八尾市の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

八尾市の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、八尾市の塾選びに必要な情報を解説します。