高得点につながる!高校英語対策・勉強法

高得点につながる!高校英語対策・勉強法

高校受験のための「英語」における対策法を紹介します。


1. 高校受験英語の出題傾向

例年の高校受験英語による出題傾向を以下にあげています。

リスニング文法(語形変化、整序作文)

  • 英作文
  • 長文読解
  • 長文総合
  • 会話文

といった構成で、単語についての問題が求められるのです。

リスニングは英会話をヒアリングして問題に解答することが一般的ですが、英文の意味する単語を書かせる問題が出されることも想定できます。

単語の問題は定義文を読んで、定義分が意味する語を書かせるものが出題されています。



中学校で習得した用語に関しては100パーセント書き込めるようにしておいたほうがよいでしょう。

毎年文法問題においては、語形変化と整序作文が出題傾向にあります。



不定詞分詞関係代名詞比較をテーマにした出題がそれなりに多く見られるため、バッチリ学んでおかなければならないのです。

英作文はイラストを目にして、それにふさわしい英文を書かせるという形式で出題されています。

20語くらいといった決められた語数がありますので、それに見合った長さの英文が記入できるようにトレーニングしておくことが重要です。

長文、会話文はそれほど長文が取り入れられているわけではありませんが、総合的なボリュームが多い傾向にありますので、たくさんの時間は消費できません。

サッと内容を理解できるよう、それなりの長さがある長文読解するトレーニングをしておくことが重要です。

2. 高校受験英語の正しい勉強法

以下のような悩みを抱えて困っている中学生保護者の方は大勢いることでしょう。

  • 英語が好きになれない
  • 英語に拒否反応
  • 英語はなにから始めればよいのかわからない
  • 英単語が簡単には諳記できない
  • 塾でも学習するがますます点数が落ちる

こういった悩みを抱き困っている中学生と保護者の方のことを考えて、1番効率的な「英語」の正確な勉強方法を解説していきますので参考にしてください。

さらに、英語に拒否反応がでる中学生のために、英語を愉快に習得する方法も案内します。

この記事に書かれている勉強方法を終え、これからの入試テストで高得点につなげて「英語が楽しい!」「英語が好き!」という自信をつけましょう!

2-1. 英語は高得点につなげやすい

高校受験の英語は、勉強法をテキパキとすれば高得点につなげられます。

中学で習う英語の量は少なく、基礎ができていれば解ける問題が多いのです。

そのため出題傾向を想定した勉強法をすれば、ムダなく英語の点数をアップできます。

高校受験の英語の特性は、英語以外の科目にくらべて高得点を得やすいかもしれません。

しかし、英語はよく理解している受験生と不得意な受験生では、得点に違いがしっかりと出てきやすいのも英語の性質だと考えられます。

2-2. 英語の勉強法!3つのポイント

英語のテスト勉強はこれから挙げる3つのポイントがあげられます。

  • 単語・熟語を暗記する
  • 文法事項を暗記する
  • 教科書の文章を「英→日」「日→英」に訳せるようになる

一つひとつご説明します。

1. ポイント1

英語の点数が0〜40点の方は第1段階は『ポイント1』からスタートしてみるといいでしょう。

「単語を暗記できればいいけど“暗記する”ことができない!」と考えませんか。

このページでは単語をラクラク暗記するためのささやかながらのポイントを公開します。

2. ポイント2

単語を一定以上暗記できましたら、2つ目は「文法問題」を解けるようにします。

この『ポイント2』まで暗記できれば入試テスト80点ぐらいの高得点につながります。

3.ポイント3

最後の『ポイント3』においては、教科書の文章を「英→日」、「日→英」に訳せるよう目指しましょう。

実際にどのような問題が出題されるかというと、

  1. 文章内の()内の単語(とくに動詞)をふさわしい形に訂正する問題」
  2. 英語を日本語訳する問題
  3. 日本語を英語で記入させるor選択する問題

が出題されます。

わかりやすく言うと、教科書の全ての文章をきちんと「日↔英」訳することができれば、完璧に問題が解けるのです。

2-3. 自分の土台を確認しよう

英単語は理解しているけど、文法が覚えられていないとしたら、『ポイント2』文法の勉強を実行するといいでしょう。

「単語も文法も理解しているけど高得点につながらない…」という人は、教科書の文章をしっかりと確認せずにテストに挑んでしまっているのです。

そのため『ポイント3』教科書の文章を和訳&英訳できるように、しっかりと勉強すれば高得点につながるでしょう。

最初は自分がどの土台にいるのかを、しっかりと把握してから勉強に手をつけるべきです。

2-4. 英語の土台を作るには参考書や問題集が重要

英語が好きになれない受験生のほうが、高校受験でマイナスになってしまうためできる限り早く対策をした方がよいでしょう。

高校受験を考慮したとき、英語の勉強法は参考書と問題集が土台につながります。

優れた参考書を利用することにより、効率のよい勉強をできるからなのです。

そうして、問題集で応用できる実力を身につければ、高校受験の英語を高得点につなげられます。

3. 高校受験英語を高得点につなげる

高校受験の英語で高得点につなげるには、基礎を学習することが第1です。

どの科目にも当てはまりますが、基礎をしていなければ高校受験の入試テストで高得点ととれません。

英語が優れた人も不得意な人も、高校受験前は1から学習したほうが効率がアップします。



高校受験の英語対策においては、最初に英単語暗記することからスタートしてみるといいでしょう。

英単語と身につけることで、英語の長文に要する単語力を学習できます。

始めは英語の土台となる、英単語の暗記が高校受験の英語の高得点につながります。



英単語の習得方は例文を用いた勉強法が理想的です。

単語一つひとつを暗記するよりも、いち早く英単語を習得できるからです。

3-1. 高校受験英語を30点あげる勉強法

英語の受験勉強で頭を悩ます中学生はたくさんいます。

今まで英語の勉強に手を抜いてきた子からすれば、勉強に時間をかけてもそう簡単には高得点につながらないからです。

それではどこから手を付けていくべきかを解説すると、1番に英単語と英文法を復習しておくことです。



英単語がさっぱりわからないようでは長文読解もそう簡単にできません。

それから最低限の英文法も全然わからないと、文章の並び替えも行えません。

こうした場合学校の問題集をするより、本屋さんで扱っている「入試対策に向けた英単語英文法まとめ参考書」を活用することは最も良い方法です。



頻繁に出る問題を集めた問題集は誰もが分かるのでオススメです。

その理由は1つの問題集に、入試で頻繁に出る問題が集まっているので、演習しやすいからです。

授業で配られたプリントで学習するより、ビビッとくる一冊に決め学習していったほうが、ムダなく高得点につなががります。



それから英単語と英熟語の勉強では、高校入試だけに限らず大学入試でも意味のあることですので、長期的に見ても今やっておかなければならない学習です。

どこからしたら1番いいのかはっきりしていないときは、最初に以下の2つからでしょう!

3-1-1. 【英単語+英文法を覚えるときの重要ポイント】

1. 英単語は単語カードで暗記する
英単語を覚えるポイントにおいては、はじめは高校受験に求められる英単語が要約された丹後町のような参考書を1冊用意してください。

要約されている単語を残らず単語カードに記して、それを活用して記憶していくと効果的に身につけられます!

2. 英文法は例文で暗記する
英単語とは異なり、英文法は単語カードは用いないほうが賢明です。

英文法を覚記憶するときは、例文のままつかんだほうがよいでしょう。

英文法だけを記憶したとしても、活用の仕方がさっぱりわからないと何もできないですから、最終的には高得点につながらないので気を付ける必要があります。

3-2. 応用をつけるには過去問題集が必須+30点!

必要な英単語と英文法を記憶したら、次は過去問題を解いていきます。

高校入試用の過去問題集を解き続けながら、出題問題の中にさっぱりわからない単語があったとき、それをメモしてもう1回記憶していくことが重要です。

これをつづけることによって、英単語力が伸びて、グングン英文読解力がつきます。

それから都道府県ごとの出題傾向がチェックできるので、書き替え問題、並び替え、問題発音の対策にもつながります。

過去問題にトライしてみて英文並び替え問題などでさっぱりわからない問題が現れたときは、その度毎にノートにひとまとめにして記憶していきましょう。

辛抱強さが必要となる進め方なのですが、1つずつ実行していかなければ高得点につながらなりません。

繰り返し解いていくとだんだんと実現できるようになっていきますから、粘り強く学習していくことが大切です。

3-3. 高校受験英語!90点まで引き上げる勉強法

過去問を残さず済ませましたら、次はとことん長文読解問題を解きた方がいいでしょう。

これについても本屋さんに行くと高校受験英語に特化した問題集が販売されていますので、それを手に入れてとことん解きます。

よく

「どのようにしたら長文読解力が身につきますか?」

という相談を受けていますが、圧倒的にお手軽な方法は、

「積極的に数多くある問題を解く!」

と言えます。

解いた問題数と比例して高得点につながりますので、時間のある限り問題を解き続けた方がいいでしょう。

残る英語は長文読解の問題がほとんどですので、この力を引き延ばすのが高得点へつながるとも言えます。



さらに、無理がなけばリスニング問題対策もした方がいいでしょう。

リスニング力は、教科書の勉強をしていてもアップしません。

これもまた長文読解と似ていて率先して演習が重要です。

わかりやすく言うととことん英語を聞くことが求められます。

高校受験に特化したリスニング専用教材や、スピードラーニングのようなリスニング教材でも構いませんので、できるだけ英語の会話をリスニングした方がいいでしょう。

3-4. 英単語の勉強時間の目安

英単語の勉強時間の基準としては、1日1時間でひと月を目安におこないます。

しかし、人それぞれで差がでますので、暗記できなければ引き続き学習して下さい。

英単語を学習したら、次は英文法の学習に移行しましょう。

英文法が不得意な受験生は、参考書で文法の仕組みだけを身につけようとします。

しかし、この勉強法では応用に求められる実践力を習得することができません。

英文法の習得法は問題集をじっくり勉強するのが1番効果が期待できます。

たくさんの問題を解くことを通して、英文法のカラクリを学習できると考えられます。

3-5. 英文法の勉強時間の目安

英文法の勉強時間も、ひと月ほどを基準にしてください。英単語と英文法が把握できれば、次は英語の長文の勉強に取り組み始めます。

高校受験の英語は、英語の長文の配点が高得点の傾向があります。

そのため長文対策が高校受験の英語の対策に結び付きます。

しかし、最低でも絶対必要な英単語と英文法が解らなければ、英語の長文を解くことなどできません。

英語の基礎力が習得できたら、問題集で長文読解をするのが効率性の高い英語の勉強法です。

3-6. 高校受験英語は約1800語習得しよう

高校受験の英単語は、約1800語程度習得でれば、一般的には十分と考えられています。

「1800語も?」と思う人もいるかもしれませんが、中学で習得する単語数は高等学校に比べると、非常に少ないのです。

私立では中学で習わない英単語の出題傾向がありますが、理解できなくても応用できるものがほとんどです。

高校受験の英単語は、教科書ではなく一般に販売されている単語帳で学習したほうが時間がかかりません。

出題頻度の高い単語を寄せ集めているため、ムダなくテキパキと習得できるからです。

また、英単語の習得法において、1語1語暗記する勉強法と例文で暗記する勉強法があります。

3-6-1. 高校受験英語は例文で習得すると時間短縮に

習得法は人それぞれで得意不得意がありますが、例文で暗記する勉強法の方がササッと英単語を身につけられます。

1文中にいろいろな重要語が含まれているため、1語1語暗記するよりも時間はかかりません。

また声とワンセットで頭に入れることで、耳にとどまりドンドン覚えやすくなります!

電車の中など都合が良いときに、効率的に英単語を習得できますよ。

3-7. 何度も繰り返し復習しよう

高校受験の英語は、英単語力がドカンと得点に影響しますので1番に学習しましょう。

ポイントとしては、

「1度では英単語は習得できない」

ことを覚えておいてください。

英語が優れた受験生は、頻繁に何度も何度も英単語を復習して暗記しています。

身についたと思っていても、4・5日間後に忘れ去る可能性が高いのです。

1度や2度の復習で終わらずに、少なくても5回は反復すると明確に英単語を身につけられるでしょう。

3-7-1. 高校受験まで時間をかけずに英語を習得する勉強法

高校受験の英文法は、問題集を念入りに学習すれば解ける問題が多いです。

中学で習得する英文法は、狭い範囲で出題され項目が限られています。

そのためバッチリ習得すれば、多くの問題に適応できるようになってくるのです。



しかし、中学1年から3年までを教科書で復習してしまうと、成果が出にくいため止めた方が賢明です。

重要ポイントを絞った参考書と問題集を活用することにより、入試まで時間がなくても英文法対策が期待できます。

しかし、英文法も英単語同じく、1回学習したくらいでは暗記することはできません。頻繁におさらいして、しっかりと知識を取り込みましょう。

いい加減な知識の状態で進む入試に挑むのではなく、しっかりと習得してから入試に挑んだほうが高得点につながります。

3-8. 高校受験英語の長文勉強法

英語の長文は、土台が作られていることが基準となる科目です。

しかし、土台が完成したからといって、すぐさま英語の長文が読めるという結果にはなりません。

基本的に読みとるための土台ができさえすれば、今後理解できる実力を習得することが必要です。



英語の長文を解読するには、長文問題を用いた学習が1番効果が期待できます。

はじめに中学生のほとんどは、英語の長文に読むことに不慣れです。

大勢の受験生は、教科書で英文に目を通したことがあるだけといえます。



しかし、教科書で習ったつかみ方では、初めて見た英語長文を読み進むことは困難です。

これを受け初めに行なうのは、英語の長文を読み進むことに慣れる事なのです。

3-9. リフレッシュしながら英語を学ぶ

英語科目だけではありませんが、勉強は楽しめないと継続していくことが困難になるはずです。

高校受験は長期間に及び、途中でやめてしまいたくなることもあります。

意気込みを感じられなくなった時に、リフレッシュを兼ねてできる英語の勉強法を案内します。



賛成反対の両方の意見のある対策ですが、受験勉強を放置するよりは明らかに結果はついてきます。

3-9-1. 英語教材ゲームを活用しよう

リフレッシュも兼ねておこなえる勉強法に、ゲームで英語を学習できるタイプがあげられます。

教育業界でも力が入っており、機能的にはしっかり作られている英語教材です。

ゲームを用いた勉強はシンプルな学習に大きな影響を与えてくれますが、基本的にサポート的な価値と考慮しましょう。

少しの気晴らしにゲームをするくらいにしておくことが、高校受験対策では大切だと言えます。

3-10. 高校受験英語!気楽におこなえる勉強法

英語の高得点につなげるために、1番効率のよいい高校受験英語の勉強法は

どうがんばっても英語が手につかない人は以下の4つの勉強法に取り組んでみましょう。

  1. 最初にスマホやiPhoneのアプリから英単語の習得をしてみる
  2. 「単語・熟語」を無理やり読んででつかむ
  3. 問題集を何度も実施し解いて文法問題を身につける
  4. 教科書の本文を和訳・英訳可能とする

この手順通り学習を行うことができれば必ず高得点につながります。

点数が上がると「私も実践したらできる!」「英語っておもしろい!」と自信をつけられます。

英語勉強法に行き詰っている人はとにかくスタートしてみてはいかがでしょうか。

4. 高校受験前!英語の最終勉強法

間違いなくここまでで案内した勉強法で、公立高校や中堅級の私立高等学校などは適応するようになると考えられます。

基礎を押さえることが、中学レベルの英語の対策に結び付きます。

それ以降は志望校の過去問題集に応じて勉強することで、実践できる力を身につけられます。



過去問題集の勉強法も原則として一緒で、不正解だった問題を理解できるまで何度も行うことだといえます。

過去5年分程度学習しておくことで、高校受験の英語対策法においては完璧です。

5. 高校受験英語!対策をして高得点を目指そう!

過去問題集対策が、高校受験英語では1番必要となります。

しかし、過去問題集は土台が行っていないと解答するのは困難です。

高校受験は都道府県や私立が異なれば出題傾向が異なってくるため、1人ひとり志望校にふさわしい対策が大切だと言えます。



その点で本質的なものは英語の基礎ですから、基礎を手抜きしないように心がけましょう。

基礎力を習得することが叶えば、高校受験英語を高得点につなげることはそんなに困難なことではないのです。

リフレッシュも取り入れながら、志望校合格を目指して頑張りましょう!

この記事のライター

じゅくみ〜る編集部のお役立ち情報課です。
学校情報や勉強法などの受験や学習に役に立つ情報を発信します。

最新の投稿


SEGとは?特徴・評判・口コミ・コース内容・料金・合格実績などをご紹介

SEGとは?特徴・評判・口コミ・コース内容・料金・合格実績などをご紹介

SEGの特徴、評判、口コミ、コース内容、料金、合格実績をご紹介します。SEGは、自ら考える力が身につけられると評判です。コース内容や料金だけでなく、実際に通っている方の口コミを確認し、入塾を判断しましょう。


【大学受験】東進衛星予備校 釧路駅前校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

【大学受験】東進衛星予備校 釧路駅前校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

東進衛星予備校 釧路駅前校は、釧路駅から徒歩4分のアクセスにある大学受験予備校です。ここでは東進衛星予備校 釧路駅前校ならではの校舎の特徴をご紹介します。料金やアクセス、開館時間などの基本情報に加えて、コースや合格実績、説明会など、塾・予備校選びに必要な情報もご紹介するので、大学受験向けの予備校選びの参考にしてみてくださいね。


【大学受験】東進衛星予備校 釧路緑ヶ岡校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

【大学受験】東進衛星予備校 釧路緑ヶ岡校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

東進衛星予備校 釧路緑ヶ岡校は、東釧路駅から徒歩29分のアクセスにある大学受験予備校です。ここでは東進衛星予備校 釧路緑ヶ岡校ならではの校舎の特徴をご紹介します。料金やアクセス、開館時間などの基本情報に加えて、コースや合格実績、説明会など、塾・予備校選びに必要な情報もご紹介するので、大学受験向けの予備校選びの参考にしてみてくださいね。


【大学受験】東進衛星予備校 西帯広校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

【大学受験】東進衛星予備校 西帯広校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

東進衛星予備校 西帯広校は、帯広市にある大学受験予備校です。ここでは東進衛星予備校 西帯広校ならではの校舎の特徴をご紹介します。料金やアクセス、開館時間などの基本情報に加えて、コースや合格実績、説明会など、塾・予備校選びに必要な情報もご紹介するので、大学受験向けの予備校選びの参考にしてみてくださいね。


【大学受験】東進衛星予備校 西船橋駅前校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

【大学受験】東進衛星予備校 西船橋駅前校の特徴を紹介!評判や料金、アクセスは?

東進衛星予備校 西船橋駅前校は、西船橋駅から徒歩3分のアクセスにある大学受験予備校です。ここでは東進衛星予備校 西船橋駅前校ならではの校舎の特徴をご紹介します。料金やアクセス、開館時間などの基本情報に加えて、コースや合格実績、説明会など、塾・予備校選びに必要な情報もご紹介するので、大学受験向けの予備校選びの参考にしてみてくださいね。


最近話題のキーワード

じゅくみ〜るで話題のキーワード


佐鳴予備校 東京個別指導学院 高校情報