スクール21 浦高合格専門館 南浦和校

スクール21 浦高合格専門館
POINT
  1. 浦高137名・大宮理数9名合格の入試合格力
  2. 受験を科学した指導システム
  3. 浦高・大宮理数合格に特化したカリキュラム
指導形態
集団(大人数)集団(少人数)完全個別(1:1)
対象学年
小5小6中1中2中3
アクセス
南浦和駅 徒歩1分

こんな方におすすめ

浦和高校、大宮理数科を目指す人

施設情報

自習室入館管理システム駐輪場

その他サービス

授業時間外のフォローチューター振替授業合格保証制度特待生制度独自模試季節講習校舎見学無料体験入塾テスト
もっと詳細に知りたい方はこちら
教室や先生の雰囲気 料金やコース
体験授業
問い合わせ後の流れ

スクール21 浦高合格専門館の合格実績

浦高137名・大宮理数9名 他多数合格

スクール21 浦高合格専門館南浦和校のコース

浦高・大宮(理数)に合格するには、特化した学習と環境が必要です! なぜ特化した学習と環境が必要となってくるのか?

・クラスNo.1でも受かるかどうかわからない難関校 県内屈指の難関校である浦和高校と大宮高校理数科。浦和高校合格者の北辰テスト偏差値の平均は、およそ71程度です。大宮高校の理数科だとおよそ72。パーセントで表すと偏差値71は上位1.8%、72は上位1.4%となるため、クラスのNo.1でも受かるかどうかわかりません。「たくさん勉強したから合格できる」という考え方では、栄冠を掴むのは難しいでしょう。

・実践力を磨くにはどうしたら良いのか 基本的な学力が身についているだけでは、入試問題が解けるというわけではありません。基本を元に応用力・発展力、つまり実戦力が試されるのが入試問題です。ではそうした実戦力はどうしたら身につくのでしょうか。過去問を使うのはひとつの方法ですが、学力を磨くには適していません。また過去問を解かない受験生はいないでしょうから、それ以外の方法でライバルに差をつけなければいけません。

・どんな問題で合否が分かれるのか 浦高や大宮理数の入試において合否を分ける問題とは、どんな問題でしょうか。それは誰もが答えられる易しい問題でも、誰も答えられないような超難問でもなく、御三家受験者で正解率30%未満の問題です。こうした問題をしっかり正解できれば、他の受験生に大きなアドバンテージになります。しかしそれがどのような問題であり、どのように考えれば正答にたどり着けるか、どんな参考書にも載っていません。

・記述問題にどう対応するのか トップ層の受験生でも苦しめられるのが、記述問題です。どこに目をつければ良いのか、そしてどのような用語を使うべきなのか、論の展開はどうすべきなのか。満点の解答への道のりは長く険しいものです。同時に、記述の添削の難しさが挙げられます。経験豊富なプロでなければ効果的な添削は困難でしょう。

・受験生を苦しめるスランプ どんなに成績が優秀でも、スランプに苦しめられる受験生は毎年たくさんいます。「何をしたらいいかわからない」「何も手につかない」そうした時にきめ細かく寄り添える人間がいるかどうかが、受験生のパフォーマンスを大きく変えてしまいます。

だからこそ、特化した学習と環境が必要なのです。 スクール21浦高合格専門館で浦高・大宮理数の合格を勝ち取りましょう。

浦高・大宮(理数)に合格するには、特化した学習と環境が必要です! なぜ特化した学習と環境が必要となってくるのか?

・クラスNo.1でも受かるかどうかわからない難関校 県内屈指の難関校である浦和高校と大宮高校理数科。浦和高校合格者の北辰テスト偏差値の平均は、およそ71程度です。大宮高校の理数科だとおよそ72。パーセントで表すと偏差値71は上位1.8%、72は上位1.4%となるため、クラスのNo.1でも受かるかどうかわかりません。「たくさん勉強したから合格できる」という考え方では、栄冠を掴むのは難しいでしょう。

・実践力を磨くにはどうしたら良いのか 基本的な学力が身についているだけでは、入試問題が解けるというわけではありません。基本を元に応用力・発展力、つまり実戦力が試されるのが入試問題です。ではそうした実戦力はどうしたら身につくのでしょうか。過去問を使うのはひとつの方法ですが、学力を磨くには適していません。また過去問を解かない受験生はいないでしょうから、それ以外の方法でライバルに差をつけなければいけません。

・どんな問題で合否が分かれるのか 浦高や大宮理数の入試において合否を分ける問題とは、どんな問題でしょうか。それは誰もが答えられる易しい問題でも、誰も答えられないような超難問でもなく、御三家受験者で正解率30%未満の問題です。こうした問題をしっかり正解できれば、他の受験生に大きなアドバンテージになります。しかしそれがどのような問題であり、どのように考えれば正答にたどり着けるか、どんな参考書にも載っていません。

・記述問題にどう対応するのか トップ層の受験生でも苦しめられるのが、記述問題です。どこに目をつければ良いのか、そしてどのような用語を使うべきなのか、論の展開はどうすべきなのか。満点の解答への道のりは長く険しいものです。同時に、記述の添削の難しさが挙げられます。経験豊富なプロでなければ効果的な添削は困難でしょう。

・受験生を苦しめるスランプ どんなに成績が優秀でも、スランプに苦しめられる受験生は毎年たくさんいます。「何をしたらいいかわからない」「何も手につかない」そうした時にきめ細かく寄り添える人間がいるかどうかが、受験生のパフォーマンスを大きく変えてしまいます。

だからこそ、特化した学習と環境が必要なのです。 スクール21浦高合格専門館で浦高・大宮理数の合格を勝ち取りましょう。

基本情報

受付時間
電話…10:00~19:00 窓口…14:00~19:00 (※日・祝は休みの可能性あり)
自習室
-
対象学年
小5/小6/中1/中2/中3
郵便番号
336 - 0018
住所
埼玉県 さいたま市南区 南本町1-5-7 ルアンビル1-3F
電話番号
0037-603-080-572

スクール21 浦高合格専門館 南浦和校
お問い合わせフォーム

問い合わせフォームのステップ3のうち1ステップ目

お問い合わせ内容

基本情報

生徒氏名 必須
ふりがな 必須
電話番号(ハイフンなし) 必須
※お電話で面談日程の調整を行います
メールアドレス 必須