塾・予備校の講師とは?チューターや担任との違いも解説

塾・予備校の講師とは?チューターや担任との違いも解説

塾・予備校には「講師」「チューター」「担任」と呼ばれる人がいます。予備校によって差はありますが、それぞれに役割があります。講師の主な役割は授業、チューターの役割は分からない箇所のフォロー、担任は学習管理のサポートです。ここでは、それぞれの役割と違いについて詳しくご紹介します。

じゅくみ〜るについて

じゅくみ〜るはあなたの塾・予備校選びをサポートします。編集部独自の視点や塾・予備校に詳しい専門家と一緒に記事の作成をしています。

※おすすめ順は、塾・予備校の優劣を意味するものではありません。

塾・予備校の講師とは?

予備校講師の主な役割は「授業」です。予備校によって授業形式は異なりますが、基本的に学校の授業では足りない部分を補います。

一般的に学校の教師が生徒の生活面の指導も行うのに対して、予備校の講師は勉強面の指導に重点を置いています。受験の知識が豊富な講師も多く、学習のテクニックなども合わせて指導するケースもあるでしょう。

予備校講師の中には指導力に優れ、カリスマ講師と呼ばれる人もいます。教材の編集に携わっていたり、授業のほかに講演会を行っていたりするケースもあるでしょう。

塾・予備校の講師とチューターの違いは?

予備校によってはチューターと呼ばれる人もいて、主に授業のわからない部分を教えてくれます。ピンポイントな指導になるため、1対1で教えてくれるケースが多いでしょう。

チューターは、大学生がアルバイトとして働いていることが多々あり、生徒の身近な存在として学習面だけでなく受験中の悩みや不安などの相談に乗ってくれます。なかには東大や早慶などに通うチューターもいて、受験生の目標となるかもしれませんね。

塾・予備校の講師と担任の違いは?

一般的に予備校の講師が授業をするのに対して、担任は授業はしません。予備校の担任は、生徒の学習面の管理をします。たとえば生徒の学習進捗を確認したり、成績をもとに今後の学習計画を立てたりすることなどがあげられるでしょう。

受験は、志望校に向けて計画的に学習していくことが必要です。担任がサポートすることで、スケジュール管理が苦手な生徒でも学習に集中して取り組むことができるでしょう。担任は受験に関する知識が豊富なため、受験に関する相談をできるのもポイントです。

基本的に担任は複数の生徒を受け持っています。大手予備校の中には、クラスを設けて定期的に担任がホームルームを行うケースもあります。

予備校の講師・チューター・担任に関する体験談

私が通っていた予備校には、講師・チューター・担任がぞれぞれいました。講師は私服、チューターは白衣、担任はスーツを着ていて区別されています。基本的に学習の管理は担任が行い、定期的な面談を行います。国立志望から私立志望へと進路を変更しようとした時も、親身になって相談に乗ってくれていました。

一方で講師は授業時にしか現れず、カリキュラムに合わせて授業を行います。指導方法は講師によって差があり、カリキュラム通りにきっちりと進める人から、生徒の志望校に合わせて指導内容をアレンジする人までさまざまでした。

また、担任や講師は社会人であるのに対して、チューターは大学生のアルバイトのみでした。東京大学をはじめとする国公立大学や、早稲田大学や慶應大学といった難関私立大学の学生しかおらず、採用に一定の学歴フィルターを設けているようです。

チューターは常に自習室を巡回していて、授業後のわからない部分や自習中に生じた疑問などをいつでも質問することができます。勉強以外にも、受験中の悩みや勉強法を教えてくれる人がほとんどでした。なかには、実際に通っている大学の様子を教えてくれるチューターもいて、生徒の憧れになっているチューターもいましたね。

講師の質は塾・予備校によって大きく異なる

予備校に通うならばできるだけ質の良い講師のもとで学びたいですよね。実は、講師の質は予備校によって大きく異なります。質の高い予備校の中には、厳しい試験や面接のもとで講師を採用していたり、定期的に研修を行って塾・予備校全体で育成を行っていたりするところがあります。

一方で、マニュアルをもとにアルバイトが予備校講師として授業を行っているケースもあります。教室によって、やりがいをもって働く教え方の上手な講師もいれば、下手な講師もいるでしょう。予備校を選ぶ際は事前に口コミや評判をチェックしたり、実際に体験授業を受けてみたりしておけると安心です。

※記事で使用している画像は、各塾・予備校の公式サイトより引用しています。

この記事のライター

じゅくみ〜る公式アカウントです。
塾・予備校の基本情報や特徴だけでなく、専門家のコメントや各校舎へのインタビューも発信します。

関連するキーワード


お役立ち

関連する投稿


大学受験の塾・予備校の選び方は?押さえておきたい6つのポイントを解説

大学受験の塾・予備校の選び方は?押さえておきたい6つのポイントを解説

授業形式や校舎の特徴は塾・予備校によって大きく異なります。いざ予備校に通おうと思っても、どれが自分に合っているのか迷ってしまうかもしれません。ここでは、学習に直接関わるポイントから、校舎の環境など間接的なポイントまで、予備校を選ぶ際に押えておきたい6つの点をご紹介します。


予備校とは?塾との違いを解説!浪人生や高校生はどちらが良い?

予備校とは?塾との違いを解説!浪人生や高校生はどちらが良い?

大学受験に備える教室の中には、「予備校」と呼ばれているところもあれば「塾」と呼ばれているところもあります。自分はどちらの教室に通うべきか、迷ってしまう受験生もいるのではないでしょうか。ここでは、予備校の主な特徴や、一般的な塾と予備校の違いなどをご紹介します。


大学受験の塾・予備校はいつから通う?高校生の平均を学年別にご紹介

大学受験の塾・予備校はいつから通う?高校生の平均を学年別にご紹介

学校内で塾や予備校に通い出す人が増えると、自分も通ったほうが良いのではないかと焦ってしまいますよね。一般的に、大学受験の塾や予備校にはいつ頃から通うと良いのでしょうか。ここでは、公立・私立高校別の各学年の平均をもとに、塾や予備校に通うタイミングの目安を解説します。


大学受験の塾・予備校の授業は?個別・集団・映像の違いを解説

大学受験の塾・予備校の授業は?個別・集団・映像の違いを解説

予備校の授業形式には、大きく分けて「集団授業」「個別指導」「映像授業」の3種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、生徒の性格や生活スタイルによって向き不向きがあるでしょう。授業は予備校で過ごす時間の多くを占めるため、しっかりと確認しておきたいですね。ここでは予備校の授業形式についてご紹介します。


最新の投稿


【2019年版】長久手市の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】長久手市の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

長久手市の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、長久手市の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】一宮駅の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】一宮駅の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

一宮駅の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、一宮駅の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】大津石山の塾おすすめ12選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】大津石山の塾おすすめ12選!小学生・中学生・高校生別に紹介

大津石山の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、大津石山の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】四日市駅の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】四日市駅の塾おすすめ9選!小学生・中学生・高校生別に紹介

四日市駅の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、四日市駅の塾選びに必要な情報を解説します。


【2019年版】八尾市の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

【2019年版】八尾市の塾おすすめ11選!小学生・中学生・高校生別に紹介

八尾市の塾を小学生・中学生・高校生別にご紹介。各塾の電話番号、住所、最寄駅などの基本情報に加えて、指導形態や実績など、八尾市の塾選びに必要な情報を解説します。